Tag : 作り方│の記事一覧お金が稼げるブログの作り方
Top Page > 作り方

ブログの作り方を教わる前に初心者がやるべき大切な事とは?

ブログの作り方を教わる前に初心者がやるべき大切な事とは?





ブログの価値は継続で決まる


既に多くの人がブログ経験をお持ちだと思いますが、それでも「これからブログを始めてみたい」このような方々もまだまだいるはずです。


ブログは無料サービスであっても有料サービスであっても、誰でもすぐに始めることができます。


特に、無料ブログの場合は、手頃さが人気を呼んで、日記や趣味を綴っているブロガーが沢山います。


どのようにブログを活用していくかは、各々の自由であり、ルールに反するような内容でなければ、思いのままに記事を書き進めることも自由です。


但し、自分のブログを「人気ブログしたい」「ブログで収益化をしたい」と考えているのであれば、先ずは、継続することを自分なりにコミットする必要があると思います。


ブログの価値を上げることは、開設してすぐにできるものではありません。


ブログを価値あるものへと構築していく時間が必要になりますし、それを検索エンジンや読者に認めてもらう時間も必要になります。


つまり、ブログ運営を長きに亘り継続させることこそ、価値を見出す前提となるのです。


折角、自分なりの思いで価値あるブログ作りを始めたいと考えたのであれば、簡単に諦めてしまうことのないように、先ずは、継続していく強い意志を持つべきと言えます。





ブログの作り方よりも何を作るかが大切


漠然とブログを始めたいと考えて、「ブログの作り方」をネット上で探し回る人が多いと思いますが、価値あるブログを作るのであれば、ブログの作り方を学ぶ前に、読者へ何を届けるブログを作るのかを明確にしなくてはいけません。


この時に、日記のような日常を伝えるブログで価値を高めることは極めて難しい事を理解しましょう。


なぜなら、読者は他人の日常に何の興味もないからです。


したがって、読者にとって有益な情報提供をしていく事が得策と言えます。


但し、知識が乏しいジャンルで情報提供していく事は、かなり難易度が高くなってしまうので、自分の得意なジャンルや強い興味を抱いているジャンルの選択が理想的です。


「自分のブログを見ればこのジャンルの情報は網羅できる」と言えるほどにブログの質を高めていけば、必ず価値は増し次第にブランド化されてきます。



『アフィリエイトで稼ぐコツは得意分野で勝負すること』





こだわるべきは記事で手を抜かない事


こだわるべきは記事で手を抜かない事
ブログ運営をしていく中で、学ぶべき事も、それと共に取り組むべき事も色々あります。


デザインの質を上げる知識や技術、SEO対策で検索上位表示させる為の取り組みなど、ブログ運営に関わる色々な情報を知るようになると、やるべき事が多すぎて、どれから手を付けて良いのか混乱することは初心者によくみられる傾向です。


しかし、最もこだわるべきは読者へ情報提供する為の記事作成です。


どんなに他の取り組みが優れていても、読者が最終的にブログの良し悪しを判断するのは情報の質です。


知りたかったことが詳細に書かれている情報量の豊富な記事なのです。


他の取り組みは、知識や技術が備わっていれば比較的簡単に修正出来るものが多くあります。


しかし、記事は数多く書き貯めていくにつれ、いくつもの修正箇所が発生してくると、多大な時間を要することになってしまいます。

したがって、先ずは、妥協しない記事作成の姿勢を崩さない事が大切になります。





ブログの作り方を学ぶ準備ができたら


ブログの作り方を学ぶ為の準備が整ったら、後は、ネット上にある色々な情報を参考にしながら、知識や技術のレベルを高めていきましょう。


当ブログでは、『お金が稼げるブログの作り方の全手順』を、ステップアップ形式で学べるように分かりやすく解説しています。


初心者の方でも短期間でブログの作り方をマスターできると思いますので、是非、参考にしてみて下さい。




以上、『ブログの作り方を教わる前に初心者がやるべき大切な事とは?』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

ポイントサイトで稼げるブログと稼げないブログの大きな違いとは?

ポイントサイトで稼げるブログと稼げないブログの大きな違いとは?
WEB上には沢山のポイントサイトがあり、業界最大手になると数百万人にも及ぶ登録者を抱えています。


ポイントサイトはゲームやネットショッピングなどでポイントを貯めながら、お金に換金することができるお得なシステムです。


また、ポイントサイトをネット上の友達へ紹介することでもポイントが還元されますので、ブログやSNSで登録を促すユーザーが多くいます。


「ポイントサイトで稼げる金額は小遣い程度」このように考える方が多いと思いますが、実は毎月10万円~100万円程度の報酬を稼ぎ出す人は意外と多いのです。


こちらでは、「ポイントサイトで大きな報酬を稼ぎ出すには、どのような取り組みが必要なのか?」について解説していきたいと思います。





ポイントサイトを紹介するブログの構築は必須


多くのポイントサイトは、色々なツールで友達紹介ができるようにサポート体制を強化しています。


例えば、げん玉の紹介に利用できる素材を確認すると、下図のように「フェイスブック」「ツイッター」「ミクシー」「ブログ」と、色々なツールに対応できるようになっています。

げん玉紹介素材


このように充実したサポート体制の中、手っ取り早く紹介できるツールと言えば「ツイッター」が先ず挙げられるでしょう。


しかし、楽だからと言ってツイッターで紹介URLを載せながら1日に何度もつぶやいたとしても、友達紹介に繋がる成果を挙げることはできないでしょう。


なぜなら、高々140文字の紹介文を見て、簡単に登録してくれるほどユーザーの警戒心は緩くないからです。


例え、無料登録できるポイントサイトであっても、登録を促すのであればユーザーの納得が必要になります。


ユーザーから納得してもらうには、紹介するポイントサイトの概要や稼ぎ方、メリットやデメリットなど、登録決断に至るまでの情報量が求められます。


この情報を余すことなく公開して、効率的なユーザーの集客ができるツールはブログが最適です。


記事作成など、少々の手間は掛かりますが、ポイントサイトで安定的に大きな報酬を稼いでいく為には、ブログの構築は必須と言えるのです。



『ポイントサイトを紹介するブログの作り方』





ポイントサイト利用に役立つ記事を掲載する


ポイントサイトの友達紹介でブログを活用している人の中で、登録だけを強烈に勧めるブロガーも少なくありません。


このような行為は逆効果になりかねません。


友達紹介制度の多くは、登録成立時のボーナスポイントの他に、友達が稼いだポイントの何割かが永遠に還元されるシステムを採用しています。


つまり、登録後に友達がポイントサイトを利用してくれなければ、大きな報酬は見込めなくなってしまうのです。


その為には、ポイントサイトへ登録後にどのようなメリットある利用の仕方があり、その手順はどのようにすれば良いのかを詳細に記事にすることが求められます。


ポイントサイト利用に役立つ記事を多く掲載することで、登録意志の喚起にも繋がりますし、登録後の頻繁な利用にも繋がります。


一石二鳥で、紹介者への恩恵が高まると言うことです。


自分が稼ぐ事以前に、紹介した友達がしっかりと稼げる事を常に念頭に置きましょう。



『ポイントサイトで今すぐ1万円稼ぐ方法』

『ポイントサイトで10万円稼ぐ方法』





SNSやメルマガとの連携で集客の質を高める


ブログをメインの紹介ツールとしながら、ツイッターやフェイスブックでブログ記事更新を投稿したり、メルマガ発行をブログ内で告知して、更に登録意欲の高いユーザーへピンポイントの情報提供をしたり、集客の質を高めていく事はとても効果的です。


ブログのアクセス数アップにも繋がりますし、ユーザー同士のネットワーク強化にも効果があります。


単体のツールのみに頼るのではなく、活用できる主要なツールは漏れなく連携する事をお勧めします。





まとめ


・紹介のメインツールでブログ利用は必須

・利用者に役立つ記事を8割以上にする

・ツールの連携で集客の量と質を上げる


この3つを常に念頭に置き、本格的なポイントサイト収入を目指してみましょう。



『ポイントサイトアフィリエイトで稼ぐ』

『収入No1のポイントサイト「げん玉」で獲得ポイントが現金500万円分を突破!』




以上、『ポイントサイトで稼げるブログと稼げないブログの大きな違いとは?』を紹介しました。


最強ポイントサイトげん玉の登録はこちらから↓
ここから登録するだけで250ポイントが貯まります!




閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

文章力をアップして質の高いブログ記事を作る方法

文章力をアップして質の高いブログ記事を作る方法





基本はとにかく読んでとにかく書くこと


「読者が魅力的に感じる記事を書きたい」「知的と思われるような文章を作りたい」「面白いと思われる記事を作りたい」など、多くのブロガーが高い文章力で質の高い記事を作りたいと考えているはずです。


しかし、意欲満々にパソコンに向かってみるものの、「なかなか文章がまとまらない」「思うような表現ができない」「伝えたいことが強調されていない」など、文章力の無さを痛感することも、これまた多くのブロガーが経験していることだと思います。


では、文章力をつける為には何をすれば良いのでしょうか?


基本的には、とにかく書籍や興味あるブログ記事などを数多く読み、それを参考に多くの記事を書くことで、個人差はあるにせよ、誰でも文章力はアップしていきます。


長期間に亘りブログ運営をしている人であれば、誰もが共感できる意見だと思うのですが、文章力も経験値が増えるほどに引き出しが多くなって、様々なバリエーションの記事を作成できるようになってくるのです。


文章力を上げるどんな技を覚えても、基本的な読む力と書く力がなければ、そのテクニックを活かすことはできません。


読む力は読解力であり想像力です。

書く力は伝達力であり想像させる力です。


この基本を踏まえた上で、文章力をアップさせる基本的な技を学んでいきましょう。






ブログに役立つ文章力をアップさせる技


一文に沢山詰め込み過ぎない


一つ一つの文章は短めでシンプルな形にすることがベストです。

それぞれの文章に繋がりを持たせつつ、伝えたいことを端的に構成することで、読みやすく分かりやすい文章が作れます。




読者が考えなくても理解できる文章を心掛ける


読者が内容を理解する為に考える必要がある文章は、良い文章とは言えません。

文章をスムーズに読み終えれるように、意味が伝わる文章になっているか何度も読み直し、必要であれば修正を加えましょう。




結論を先に持ってくる方が文章を作りやすい


高い文章力を持つ人であれば、結論が先でも後でも、読者に受け入れられる文章を作成することは可能です。

しかし、文章作成に不慣れな方であれば、結論を先に持ってきた方が、端的な文章を作ることができます。

結論を後回しにすると、前置きが長くなりすぎて諄い文章になる可能性があります。




なるべく同じ言葉は使わない


「ブログを作る方法は主に2つの方法に分類される」のように同じ言葉が使われると、少々しつこい文章になってしまいます。

作成した文章は読み直して、一文に同じ言葉が羅列されている場合は「ブログを作る方法は主に2つに分類される」のように修正しましょう。




主語と述語を適切な位置関係にする


主語と述語を離し過ぎると、主体の見えない分かり難い文章になってしまうことがあります。

「当ブログが有名雑誌の特集に掲載されます」よりも「有名雑誌の特集に当ブログが掲載されます」の方が、よりシンプルで分かりやすくなります。




接続詞を適切に使う


理由や結果を現す「したがって」、対立や反対を現す「ところが」、付加を現す「さらに」、言い換えや理由を説明する「つまり」、話題を変える「それでは」など、接続詞には色々な種類と使い道があります。

接続詞を上手に使った文章は読みやすく知的な感じを与えてくれますが、使いすぎるとしつこい文章になってしまいますので、気をつけましょう。




読者にイメージさせる文章を心掛ける


文章を作成する側は、伝えたいことを文字に変えて表現しているわけですが、読者の立場になった時に、伝えたいことがイメージできるか否かしっかりと確認することが大切です。

言葉足らずになっていないか、或は遠回りで解り難くなっていないかを確認する為に、自分以外の家族や友人に読んでもらうことも良い方法です。




以上、『文章力をアップして質の高いブログ記事を作る方法』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

今月の管理人おすすめ

かんたんブックマーク

無料メルマガ登録

アフィリエイト初心者登録必須のASP

読めば稼げるおすすめの記事!

最新記事

注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

今月の人気ページランキング!

上場企業のポイントサイトがおすすめ!

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
1位
アクセスランキングを見る>>

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


免責事項

当ブログに掲載する情報については注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。