Tag : SEO対策│の記事一覧お金が稼げるブログの作り方
Top Page > SEO対策

ブログは複数運営したほうが稼げるのか?2つ目のブログを始める時期は?

ブログは複数運営したほうが稼げるのか?2つ目以降ののブログを始める時期は?
「お金を稼げるブログは1つよりも、複数で運営したほうが収益化は拡大する」このような考えをお持ちの方は多いと思います。


当然ながら、同じように収益化が可能な再現性あるブログであれば、複数あった方が収入はその数に比例して2倍、3倍へと膨れ上がるはずです。


しかし、ブログで稼ぐノウハウを習得したブロガーでも、同じような収益化の状況を再現できる保障はどこにもなく、苦戦することも十分にあり得ます。


こちらでは、ブログの複数運営が本当に稼げるのか?また、ブログの複数運営を始める最適な時期について解説していきます。





ブログ初心者は運営の一本化を前提として始めるべき


ブログ初心者は運営の一本化を前提として始めるべき
ブログで収益化を考えている初心者の方は、ブログの複数運営を前提として始めるのではなく、基本的には一本化での運営を成功させることに傾倒するべきです。


なぜなら、ブログは時系列で記事が更新されていく特性があり、記事更新が進むにつれて古いものは埋もれていく傾向にあります。


その為、定期的な更新がないブログは検索エンジンから評価され難くなってしまうのです。


つまり、一度始めたブログ運営に終わりはなく、評価を高める、或いは評価を維持するには、記事更新を継続していくことが求められる為、初心者ほど一つのブログに集中した方が成果を出しやすくなりますし、収益の拡大にも繋がることになります。


ブログの複数運営を前提に始めてしまうと、アイディアや労力を集中的に注ぐことができず、結果として中途半端なブログで成果を出せないことも考えられます。


したがって、収益化を狙った初めてのブログは、一本化を前提として運営する方が得策と言えます。





ブログの複数運営を始めるには収益化の経験値が必須


ブログの複数運営を始めるには収益化の経験値が必須
一本化を前提としたブログ運営のスタートが理想的なスタイルではありますが、周りを見れば幾つものブログを運営して、それぞれで成果を出している上級ブロガーが目につき、やはり、魅力的に感じてくると思います。


しかし、2つ目以降のブログを手掛けるのであれば、しっかりと収益化の成功体験を積んでからでなければ、無駄な労力を使うことになりかねません。


ブログの複数運営に成功しているブロガーは、1つのブログで稼げない為に複数運営に着手しているのではありません。


1つのブログでしっかりと成果を出し、その成功体験を再現して収益化を拡大する為に複数運営をしているのです。


稼げないブログを幾つ作っても時間の無駄です。


先ずは、1つのブログで収益化の成功体験を築くことに集中しましょう。





こんなブロガーは複数運営をしてはいけない


こんなブロガーは複数運営をしてはいけない
ブログの収益化を可能にしたブロガーであれば、複数運営を必ず考えるようになりますし、複数運営で収益化の拡大が成功する可能性は高いと思います。


但し、以下のようなブロガーは、複数運営よりも一本化で収益拡大を目指した方が得策かもしれません。


・記事作成に時間が掛かりすぎる

・記事修正や編集が面倒

・複数のブログ管理を同時進行で出来ない

・2つ目以降のブログの具体的アイディアを持っていない


ブログ収益化の成功体験は前提として、以上のような項目に該当するブロガーは、今一度ブログの複数運営を考え直してみることをおすすめします。


記事冒頭でも述べた通り、ブログで稼ぐノウハウを習得したブロガーでも、同じような収益化の状況を再現できる保障はどこにもありません。


2つ目以降のブログが収益化できなかっただけならまだ良いのですが、複数運営に取り組んだことにより、成功したブログの収益減少に影響するようなことがあっては本末転倒です。


十分な自分の力量と計画性を考えてからブログの複数運営を始めるようにしましょう。





万全の管理体制を維持できる状態を確保する


万全の管理体制を維持できる状態を確保する
ブログで収益化の成功体験をすることが複数運営の前提条件と言いましたが、どの程度の収益化が複数運営移行の目安となるのか疑問の方も多いでしょう。


しかし、これはそれぞれのブログやブロガーの状況によって異なります。


ブログの作り方や現状のブロガーの技術で、稼げる金額には差が生じます。


ブログコンテンツのボリュームや自分自身の力量を客観的に見て、これまでの施策が十分と判断できる場合には、ブログの複数運営に移行して差し支えないと思います。


その上で、運営するブログ全ての管理体制を万全にすることが、収益を維持し、更には拡大していく為に重要になります。


ブログを取り巻く環境の変化や運営状態での異常などを、敏感に察知できる体制を整えてから始めるようにしましょう。





まとめ


ブログの複数運営は、しっかりと注意点を把握し計画性をもって実行すれば、大きな収益化を可能にしてくれます。


先ずは、しっかり稼げるブログを構築してから、再現性ある複数運営を手掛けるようにしましょう。




以上、『ブログは複数運営したほうが稼げるのか?2つ目のブログを始める時期は?』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

ブログランキングに参加する最大のメリットはSEO効果があるから

ブログランキングに参加する最大のメリットはSEO効果があるから
ブログランキングへ参加して上位にランクインできれば、参加者の多いブログランキング程、そこからのアクセスが見込めます。


ただ、数千から数万件ものブログが参加する中で、上位へのランクインは簡単な事ではありませんし、ランクインできたとしても、その状態を保つことも難しいと言えます。


しかし、ブログランキングの参加は、上位にランクインしなくてもSEO対策になる事をご存知でしょうか?


こちらでは、ブログランキングに参加することでSEOのどのようなメリットが期待できるのかについて解説していきます。





ブログランキングに参加するメリットは2つ


ブログランキングへ参加することで、2つの大きなメリットが期待できます。


1、ブログランキングからのアクセス増加

2、良質な被リンクの獲得


開設したばかりのブログは、まだまだ検索エンジンからの評価がされにくい状態にありますので、ブログランキングへの参加はとても有効に働きます。


特に、人気の高いブログランキングの場合には、参加者も閲覧者も多い為、ランキング内からのアクセスを見込むことができます。


先ず、これがブログランキングへ参加する1つ目のメリットになります。


次に、ブログを検索上位表示させるには、コンテンツの充実と被リンクの獲得が必要と言われています。


コンテンツは、記事作成などブロガー自身の取り組みで充実させることは可能ですが、被リンクの場合には、他のサイトからリンクを張ってもらうことが必要になりますから、基本的には自力では出来ません。


しかし、ブログランキングへ参加することで、例えランキング下位であっても、自分のブログが紹介されることになりますので、結果として被リンクを張ってもら状況を作り出すことが可能になるのです。


これが、ブログランキングへ参加する2つ目の大きなメリットになります。





人気のブログランキング参加で質の高い被リンクが貰える


人気のブログランキング参加で質の高い被リンクが貰える
被リンクは他のサイトからの推薦票のようなものになります。


この推薦票は、良質なサイト程1票の価値が高くなります。


Googleは、コンテンツが充実していて運営年数が長いサイトほど高く評価します。


一方で、このような高い評価のサイトが他のサイトをリンクしている場合には、リンク先のサイトも評価される傾向にあるのです。


幾つものブログランキングがある中で、参加ブログが多く、ネットユーザーに沢山閲覧されているサイトは、高い品質であるとGoogleから評価されます。


評価の高いブログランキングへ参加して、自分のブログが表示されることで、結果的には品質の高い被リンクを獲得したことになり、SEO的な効果が見込めるようになるわけです。





おすすめのブログランキング


被リンクは、質の高いサイトから1つでも多く集めることで、Googleからの評価も高くなります。


したがって、ブログランキングとして人気の高いサイトには、積極的に参加した方がSEO効果も可能性が高くなるのです。


以下の3つは、特に登録をおすすめしたいブログランキングになります。


にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2 ブログランキング





まとめ


ブログランキングへの参加は、被リンクを自分で増やす数少ない方法の1つであり、しかも手っ取り早く良質の被リンクを獲得できます。


ランキング内からのアクセス増加も狙いながら、確実にできるSEO対策の1つでもありますので、ブログを育成していく取り組みとして、是非、試してみて下さい。




以上、『ブログランキングに参加する最大のメリットはSEO効果があるから』を紹介しました。



関連記事⇒『ブログランキングへ参加することのメリットを検証』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

稼げるブログは売り込む記事より役立つ記事が断然多い

稼げるブログは売込む記事より役立つ記事が断然多い

ブログを活用してアフィリエイトなどのネットビジネスをするブロガーは沢山います。


しかし、このような取り組みをする人達の中で、実際に収益化に成功者は1割程度と言われ、残る9割は成果を出せずにブログ運営を諦めているのが現状です。


では、「なぜ多くの失敗者ばかりになってしまう現状があるのか?」また、「限られた成功者とどこに差があるのか?」について考えてみたいと思います。





失敗者はブログで稼ぐ事ばかりを考えている


ブログで収益化をするわけですから、お金に繋がる仕組みをブログの記事など、どこかへ設置することは絶対に必要です。


しかし、お金と直結する部分は、ブログ読者が最終的に到達する場所であり、極限られた数に絞り込む必要があります。


なぜなら、ブログを訪問した読者は、何かを買い物する為に訪れたわけではないからです。


読者は、自分の役に立つ何らかの情報を求めてブログを訪問したのであって、その役立つ情報が記されていなければ、すぐさま他のブログへと離脱してしまうことになるでしょう。


この事を理解していないブロガーは、「ブログの収益化=お金に直結できる場所の増設」と考え、読者の役立つ記事よりも、読者が敬遠するような記事ばかりを量産してしまうのです。


お金を稼げるブログは、売り込むことを極力控えた読者目線の記事を多く作ることが求められます。


自分の利益ばかりを考えてブログ作成に集中しても、良い結果は絶対についてこないのです。





クリックを誘う導線を構築する


売り込む姿勢を見せずに読者に有益となる情報提供に徹する一方で、興味を喚起しブログ内を回遊できる導線を構築していく事が重要になります。


しっかりと作り込んだ記事を最後まで読んでもらい、それに関連する別記事へと誘導するリンクの挿入は回遊率を高める為に有効な手段です。


ここでも注意するべきは、できるだけ多くの記事を回遊してもらうことに努めることであって、途中で収益に繋げたい気持ちを極力抑えることです。


1記事より2記事、2記事より3記事を閲読してもらうことで、読者はブログのコンセプトを理解し、更にはブログの内容に共感したり信頼性を高めたりするよううになっていきます。


兎に角、ブログで稼ぎたいのであれば、読者との関係性を深めることに重点を置くべきなのです。





納得に至る導線の後に収益化の仕組みを挿入


ブログの読者は直接的に売り込む記事は勿論、説得を強要するような記事も敬遠しがちです。


多くのブログ記事を回遊してもらい読者との信頼関係を深めながら、読者が納得してくれるであろう記事を導線の最後に持ってきて、ここへ収益化の仕組みを挿入する事こそが理想的なスタイルと言えるのです。


売り込むのでもなく、無理に説得するのでもなく、自然な形で納得してもらえるような、読者との関係性を徐々に強くする道筋が本当の稼げるブログです。


当然、そこまでの導線を構築するまでには、多くの記事が必要になりますので、収益化までにはそれなりの時間を要します。


しかし、一度構築された読者との良好な関係性は簡単に壊れるような事はありません。


時間を掛けて丁寧に作り上げたブログだからこそ、読者に役立ち、ブロガー本人にも利益をもたらすのです。





まとめ


当ブログでは、お金を稼げるブログの作り方STEP-1STEP-6までの全30記事で、初心者にも分かりやすく丁寧に解説しています。


ブログサービスの選び方から記事の書き方、SEO対策に至るまで情報公開していますので、是非、お試しください。




以上、『稼げるブログは売り込む記事より役立つ記事が断然多い』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

今月の管理人おすすめ

かんたんブックマーク

無料メルマガ登録

注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

読めば稼げるおすすめの記事!

最新記事

初心者アフィリエイター登録必須のASP

今月の人気ページランキング!

【ビットコイン】安心・安全な取引所なら

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
2位
アクセスランキングを見る>>

初心者でも即日開業できるネットショップ

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


免責事項

当ブログに掲載する情報については注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。