Tag : SEO対策│の記事一覧お金が稼げるブログの作り方
FC2ブログ
Top Page > SEO対策

人気ブログを作りたいなら日記は絶対におすすめしない理由とは?

人気ブログを作りたいなら日記は絶対におすすめしない理由とは?
「ブログ=日記」、まだブログ経験のない方は、未だにこのようなイメージを持っているかもしれません。

本来ブログは、インターネットを介して多くのユーザーに閲読してもらう為に運用することが目的だと思います。

ブログが流行り始めたころ、日記を書いて人気を集めたブロガーもいますが、このようなケースは極めて稀で、はっきり言ってブログの人気を高めたいのなら、日記は絶対におすすめできないジャンルです。

こちらでは、ブログ作りで日記をおすすめできない理由について解説していきます。





日記は誰に読んでもらう為の文章なのか?


日記は誰に読んでもらう為の文章なのか?
従来、日記は紙に書いて残すスタイルが一般的でした。

ただ、長年続けていると何冊もの日記帳になってしまい、その都度日記帳を調達する手間も掛かりますし、状態良く保管しておく手間も掛かります。

一方、ブログは一度開設すれば、日記程度の文章であれば容量を気にすることなく、ほぼ永久的に保存することが可能です。

このような点から、ブログが流行り始めた頃、日記を書く人が増えていったのではないかと思います。

しかし、日記は本来誰に読んでもらう為の文章かと言えば、他でもない自分が読む為、或いは、自分の為に記録しておくべきものであり、他人に読ませることを目的とした文章ではないはずです。

と言うより、私達は余程興味のある他人、例えば芸能人などではない限り、見ず知らずの他人の日常に対して興味を持つことはありません。

つまり、他人の日記を読んでも、余程魅力的な日常のストーリーが描かれているような記事でない限り、「つまらない」はずなのです。

したがって、「ブログに日記を書いているのに、誰も読んでくれない」と、悩んでいるブロガーもいるかもしれませんが、当然の事と言わるわけです。


ブログに集まる読者の傾向とは?


ブログに集まる読者の傾向とは?
ブログを求めて集まる読者は、赤の他人の面白い話を読みたいわけではありません。

悩みや疑問の解決、或いは、何らかの欲求を満たす為に、関連するキーワードで検索して上位にブログがヒットすれば、興味を示して訪問することになります。

その為、日常を綴った日記ブログが検索上位にくる場合は特殊なケースと言えますし、仮に、日記ブログが検索上位にヒットしたとしても、問題解決や欲求解消できる答えが記事中になければ、やはり、読まれることはないと思います。

つまり、ブログを読んでもらう為には、読者が求めるものを書かなくては意味がないのです。

日記は、「自分のこと」です。

読者が求める情報ではないことが明確です。


ブログは読まれなければ意味がない


ブログは読まれなければ意味がない
日記ブログを運営することは、決して悪いことではありませんし、ブロガーの自由です。

ただ、ブログは「ネットの先で繋がる読者に見てもらいたい」から始めるのだと思います。

だとすれば、やはり、日記以外の読者が求める情報を記事にした方が、目的を達成できると思います。

また、出来るだけ多くの読者を集めて読んでもらうには、ブログのテーマを絞り込んで専門性の高い記事で密度の濃い情報の蓄積が求められます。

特に、自分の得意分野や興味ある分野は、継続的に質の高い記事を書いていきやすいと言えます。

選定したテーマに対して、更に読者が求めるものは何なのかを追求しながら、それに対する答えをわかりやすく記事にしていく事で評価されるブログを作ることができます。


『人気ブログを作る9つの条件』


読まれるブログは稼げるブログ


読まれるブログは稼げるブログ
ご存知の方も多いと思いますが、ブログは稼げます。

但し、多くの読者が集まるブログを構築しなければ収益化はできません。

本来、収益化が目的ではなかったにしても、読まれるブログを作った結果、多くの記事が検索上位にヒットするようになったのであれば、ついでにお金が稼げるブログに作り替えてしまった方が絶対におすすめです。

作り替えると言っても、やるべきことは、関連性の高い記事へアフィリエイト広告を掲載するだけです。

また、読まれているブログでは、サイドバーやフッターなどへ広告を掲載するだけでも収益化が期待できます。

一方、ブログ運営の目的がアフィリエイトの場合にも、「読まれるブログ」を作らなければ意味がないわけですから、読者が集まらない記事へいくら広告を掲載しても無意味であることが理解出来ると思います。

とにかく、「読者を集める」ことを優先しなければ、目的が何であれブログを始めた意味がないと言うことです。


『アフィリエイトで稼ぐコツは得意分野で勝負すること』

『稼げるアフィリエイト広告の貼り方』


まとめ


当ブログでは、『お金が稼げるブログの作り方』を初心者にもわかりやすく記事にしていますが、これは読者が集まる人気ブログの作り方でもあります。

色々な目的で運用するブロガーに対して参考になる情報だと思いますので、是非、参考にしてみて下さい。


『ブログを始めたらやるべき4つの作業|収益化までの道のりを解説』




以上、『人気ブログを作りたいなら日記は絶対におすすめしない理由とは?』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

ブログで稼ぎたいならサービスの違いと目的別の作り方を学ぶべき

ブログで稼ぎたいならサービスの違いと目的別の作り方を学ぶべき
ブログ運営の経験者や、これからブログを始める人の中には「お金が稼げるブログを作りたい」このような方も多いと思いますし、既に、お金を稼ぐブログの作り方を実践している人もいると思います。

ブログで収益化を成功させている人に対して「自分で好きな事を書きながらお金を稼いでいる」と、記事更新をしながら簡単に稼いでいるイメージを持つ方もいると思いますが、現実はそんなに甘くありません。

その証拠として、実際にブログ収益化へチャレンジした多くのブロガーは失敗に終わっている現実があります。

ただ、ブログで稼ぐことが、他のビジネスと比べて特別難しいかと言えば、全くそんなことはありません。

集客が出来るブログの作り方を学んで、実践を継続していけば必ず成果の出せるビジネスです。

こちらでは、初心者ブロガーが収益化に失敗しない為の根本的な仕組みとブログの作り方について解説していきます。





ブログサービスの違い


ブログサービスの違い
ブログには「有料ブログ」と「無料ブログ」の2つのサービスがあります。

当然ながら、お金を払っている分、有料ブログの方が制限されることも少なく機能性にも優れています。

そして、ブログで稼ぐ成功者の多くは、有料ブログを利用しています。

但し、無料ブログを利用して稼げないわけではありませんし、実際に、有料ブログと同等に稼ぐ人もいれば、有料ブログを利用していても収益化できないブロガーもいます。

重要な事は、それぞれの特性をしっかりと把握した上で、運営目的に対応できるブログサービスを選択することです。

無料ブログは、サービス提供企業から共有サーバーやサイトをレンタルして利用しますので、提供側が定めた規約に従い、機能性も制限されることになります。

一方、有料ブログは自分専用のサーバーをレンタルして自分専用のサイトを持つことになります。

その為、維持費としての費用が発生しますが、制限が殆どなく、色々な機能を利用することができます。

この双方の大きな違いは、ブログに対するリスクの大きさで、有料ブログはリスクを極力軽減できるのに対して、無料ブログは自分の意思とは関係なく、サービス提供側の都合で最悪はアカウントの消滅、つまり、ブログの消滅のリスクを常に追うことになります。


運営の目的とブログサービスの選択


運営の目的とブログサービスの選択
ブログの利用目的が収益化と無関係なのであれば、或いは、ビジネスや重要な情報発信の為に利用するのでなければ、無料ブログの利用で十分だと思います。

日記や趣味ブログの利用は、それに該当すると思います。

また、利用目的が収益化と関係する場合でも、無料ブログのリスクに対して理解と納得をしているのであれば、特に有料ブログに拘る必要性もないと思います。

では、無料ブログで収益化にどの程度対応していけるのかを確認してみます。

  • 物販、情報商材アフィリエイト可能:FC2 livedoor Seesaa はてな

  • アドセンス可能:FC2 livedoor Seesaa はてな(月額600円)

  • 独自ドメイン取得可能:FC2 livedoor Seesaa はてな Ameba


知名度が高く機能性も優れている無料ブログの中でも、上記の項目ではかなり利用可能なブログが制限されます。

この状況を見ると、FC2 livedoor Seesaaの3社が無料ブログでは自由度が高く、収益化にはおすすめできると言えます。

因みに、有料ブログの場合には、WordPress(ワードプレス)一択のおすすめになります。


『無料ブログでは将来の収益拡大に限界があるのか?』


2つのお金を稼ぐブログのスタイル


2つのお金を稼ぐブログのスタイル
ブログを収益化する運営スタイルには、特化型と雑記型の2つがあります。

違いは、テーマを絞り込んだ専門性の高いブログが特化型で、テーマを絞らずに幅広い記事で構成するのが雑記型になります。

双方にメリット・デメリットがあり、どちらのスタイルでもブログの収益化は可能ですが、比較的早く収益化を安定化させて拡大路線に乗せたいのであれば、「特化型ブログ」がおすすめと言えます。

ブログは、情報量を豊富にして、それぞれの記事で読者に対する有益性を示していかなければ、検索エンジンからも評価されません。

したがって、専門ジャンルに特化したブログの方が、初心者でも記事更新が比較的しやすく、関連情報が豊富に蓄積されていく事から、検索エンジンからの認識も高まります。

検索エンジンからブログが認識されるようになると、スムーズにインデックス登録される傾向にあり、質の高い記事は公開から早い段階で検索上位表示を可能にできます。

このブログの存在を検索エンジンへ認識してもらう段階までは、スピード感を持って集中的に記事更新していく作業が求められますので、出来るだけ得意なジャンル、或いは、興味の強い好きなジャンルをブログのテーマに選択することが、記事を書きやすくするコツになります。


『特化ブログと雑記ブログの作りやすさと稼ぎやすさを比較!アフィリのおすすめは?』

『ブログで稼ぐジャンルを迷っている初心者におすすめの稼ぎやすいジャンルとは?』


2つの作業を継続すればブログは稼げる


2つの作業を継続すればブログは稼げる
ブログを開設して収益化する為には、2つの作業に集中することが優先されます。

  • ブログ記事の作成

  • アフィリエイト広告の掲載


先ず、ブログは検索エンジンと読者からの評価が求められ、ここをクリアできなければ稼ぐことはできません。

検索エンジンからの評価の為にやるべきことは「SEO対策」ということになるわけですが、コンテンツが未熟なブログでは、小手先のテクニックを使っても一向に検索順位を上げる事はできないのです。

コンテンツを充実させた為にやるべきことは、前項でも触れた通り、質の高い記事を書き貯めることです。

情報量が豊富で専門性の高い内容の記事を繰り返し更新することで、ブログコンテンツは徐々に充実を増していきます。

コンテンツが充実してくると、検索エンジンから認識されるようになり、高い評価を受けた記事は検索上位表示が可能になります。

検索順位が上がってくることで読者が集まり、今度は記事の内容が人間から評価されるようになっていきます。

そしてもう一つ、評価してくれた読者のアクションで収益化に繋げる為にやるべきことがアフィリエイト広告の掲載です。

但し、むやみに広告を掲載しても読者の不快感を助長して逆効果になってしまいます。

幾つもの記事で構成する豊富な情報の中に、不自然にならないような広告の掲載が求められます。

ブログの記事を邪魔することなく、文章の内容と関連性の深い商品広告をさりげなく貼り付けていく作業が必要です。

勿論、ブログ運営でやるべき作業は細かなものを挙げれば色々あります。

しかし、その全てが2つの徹底するべき作業に付随するものであり、先ずは、2つを最適な状態にしなければ、どの細かな作業も効果を成さないのです。

稼ぐブログを作り始めるとネット上にある様々な情報が気になり、初心者ほど本来やるべきことから逸脱してしまうケースが多くあります。

しかし、ブログの収益化で優先されることは効果的な集客であり、その集客を可能にする作業が有益な記事作成と魅力的な広告の掲載であることを忘れてはいけません。

そして、飛躍した考えは持たずに、先ずは、ブログで1万円稼ぐことを目指しましょう。

例え数百円や数千円の成果であっても、成功実績に変わりありません。

小さな成功体験を積み上げていく事で、経験値に基づいた収益拡大の具体的な取り組み方が見えるようになっていきます。


まとめ


稼ぐブログの作り方は、初心者にとって明確な教科書のない未経験のチャレンジになります。

したがって、成功体験を持つブロガーを参考にして、積極的に真似ることが成果を出せる近道になります。

当ブログでは、無料ブログで稼げるノウハウをわかりやすく公開しています。

是非、参考にしてチャレンジしてみて下さい。



PR:WordPress(ワードプレス)でのブログ収益化を目指す方は、『アフィリエイトの始め方を初心者向けに完全公開|役立つブログ』を参考にしてみて下さい。




以上、『ブログで稼ぎたいならサービスの違いと目的別の作り方を学ぶべき』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

ブログを作っても稼げないのは検索エンジンの仕組みを理解していないから

ブログを作っても稼げないのは検索エンジンの仕組みを理解していないから
「ブログを作って稼ぐ」には、一生懸命記事を更新することが最も重要であると考えるブロガーは多いと思います。

確かに、記事を更新させて読者に向けた情報を豊富にしていく事は重要です。

しかし、沢山の記事を更新しているにも拘らず、一向に読者の目に留まることなく収益化が進まないブログは、ネット上に星の数ほどあります。

その理由は明確です。

検索上位表示がされていないからです。





Googleが決定する検索順位の仕組み


Googleが決定する検索順位の仕組み
世界中で利用される検索エンジンはGoogleが90%以上のシェア率を誇り、圧倒的な地位を確立していることが確認できます。

したがって、先ずは「検索順位を上げる=Googleに評価される」ことを念頭に置く必要があります。

では、Googleがどのようにして検索順位を決定しているかと言うと、共同創設者であり、CEOのラリー・ペイジは「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである」と言っています。

つまり、検索ユーザーに価値のあるコンテンツを上位表示させる事こそが、Googleの理念であり、この理念に沿って私達がキーワード検索した時の順位は決められているのです。

しかし、理念は示しているものの、明確な検索順位決定の基準は公表していないのが現状で、その為、WEB運営者はGoogleの検索品質ガイドラインを読み解きながら、検索上位表示に有効であろう取り組みを判断しているのが現状になります。

そして、どのようなサイトが高品質なのか、スパムなのか、低品質なサイトなのか、この事例を基にGoogleがユーザーからの検索クエリに対して、どんなコンテンツを検索結果に返そうとしているのかを予測して、その結果を引き出す取り組みをSEO(Search Engine Optimization)対策と呼んでいます。

検索品質評価ガイドラインには、200以上もの評価基準があると言われていますが、この項目に照らし合わせて、検索クエリに密接に関連していると判断されたページに順位付けして結果を表示しています。

因みに、検索エンジンがこれだけの材料を基に順位の判断をするまでには、キーワード検索してから0.5秒で作業が完了して検索結果が表示されるそうです。

例えば、「ブログ 作り方」で検索してみると、120,000,000件以上もの検索結果が約0.3秒で表示されます。

評価基準となる数百もの項目と検索キーワードの関連性を判断して、数十万件~数千万件にも及ぶWEBサイトを抽出し、更には順位を決めて一瞬にして表示しているわけですが、この検索システムの精度と性能は日増しに進化しています。

『圧倒的な力を持つGoogle(グーグル)の基本姿勢』


検索順位を決めるブログの要素とは


検索順位を決めるブログの要素とは
ブログの検索順位を決める要素は、大きく分類すると3つになります。


ブログが制作開始された古さ


私達人間には、歴史あるものほど信頼できると判断する傾向があります。

ブログを判断する上で、同様に検索エンジンも作られてからの年月が長く、歴史があるほどに評価が高くなる傾向があるのです。

古さの基準としては、ドメインの取得年月日などから判断されると言われています。


コンテンツの作り方


検索エンジンは、ブログのトップ画面や個別ページについて、主に以下のような項目を重要視すると言われています。

  • 情報の専門性と量

  • 記事内容のオリジナル性

  • キーワードの適切な配置


ページタイトルや記事全体に対して、わかりやすく適切なキーワードを配置しながら、正確且つ専門性の高いオリジナル記事の更新を繰り返すことで、Googleからの評価が高くなる傾向にあります。


リンクの数


ブログ内の関連記事をリンクで繋いだり、他の良質なサイトをリンクで紹介したり、逆に他のサイトからリンクによる紹介を受けたりすることで、検索エンジンから認識されやすくなります。

特に、外部リンク(被リンク)となる他サイトからの紹介は、検索上位表示に繋がる評価の対象となります。


集中するべきは戦略的なコンテンツの構成


集中するべきは戦略的なコンテンツの構成
検索順位を決める3つの要素の中でブロガーが最も集中するべきは、戦略的にコンテンツを作ることです。

コンテンツを作り込む事で、ブログには自然と歴史が刻まれていきますし、良質なコンテンツに仕上げることができれば、他のブロガーからも評価されて被リンクを集めやすくなります。

ブログの古さは時間の経過を待たなくてはいけませんし、被リンクは他の評価を待たなくてはいけません。

つまり、ブロガー自身で出来ることは、コンテンツを作ることになるわけです。

但し、闇雲に記事を更新すれば良いわけではなく、5つの項目を意識しながら戦略的にコンテンツ作成に取り組むことが求められます。


明確なキーワード選定


記事を作成していく上で、対策キーワードを明確に決めることが極めて重要になります。

選定方法の基本は、1記事に対して1キーワードの選定に絞り込むことで、Googleに対しても読者に対しても明確に示すことが大切になります。

記事のテーマに沿って、検索ボリュームやライバルサイトの状況も考慮しながら、関連性の深いキーワードを選定します。

あくまでも、記事テーマに対する内容の充実を基本としながら、自然な文章構成になるようにキーワードを含ませるようにします。


検索意図の分析


選定した対策キーワードで表示される検索結果から、ライバルブログのコンテンツ内容(文言・文章量・画像・レイアウトなど)を確認して、ユーザーが求める情報がどのように発信されているのかを分析することは重要です。

分析結果を基に、ユーザーの検索意図を個別記事へしっかりと落とし込むことで、ライバルに負けないオリジナルコンテンツの作成が可能になります。


正確且つ専門性の高い情報提供


ブログは信頼を高めることでブランディングが進み、検索上位表示や他の読者からの拡散も期待できるようになります。

コンテンツの信頼を高めていく上で第一に求められることは、公開する情報の正確さと専門性です。

正確且つ専門性の高い情報に対して、ブロガー自身の経験や考えを盛り込みながらオリジナリティを出すことで、ブログのブランド化が徐々に進んでいきます。


読者のストレスと不安の解消


コンテンツの快適な環境整備もブロガーにとっては重要な取り組みになります。

ブログの読みやすさや使いやすさを考慮して、検索ユーザーの利便性を高めていくには、以下のような取り組みが効果的と言えます。

  • 記事の読みやすさ

  • ブログ表示の速度改善(画像圧縮やファイルサイズ圧縮など)

  • ブログのスマホ対応

  • ナビゲーションの強化(パンくずリストやグローバルメニューの設置など)



認識を加速させる最適化


ブログは検索エンジンに認識されやすい構造にすることで、各ページがインデックスされやすくなり、Googleの早い評価が期待できます。

以下のような取り組みを施すことで、クローラビリティの高いコンテンツの提供が可能になり、効果的なブログのSEO対策により検索上位の可能性が高まります。

  • テキスト中心のコンテンツでブログを構成する

  • サイトマップを設置する

  • 内部リンクを最適化する



まとめ


IT業界は重鎮であるGoogleの独壇場と言っても過言ではありません。

この状態は、更に長らく続くことは間違いないでしょう。

したがって、Googleの検索システムの基本や評価されるWEB制作を学ぶことは、とても大切になります。

構造を理解した上での取り組みは効果を引き出しやすくなりますし、状況の変化にも柔軟に対応できるようになります。

今後のブログ運営とSEO対策に対して、大きな意味を持つことになります。

『Google(グーグル)と人間が判断する良質なコンテンツ』




以上、『ブログを作っても稼げないのは検索エンジンの仕組みを理解していないから』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

かんたんブックマーク

今月の管理人おすすめ

最新記事

アフィリエイト初心者登録必須のASP

今月の人気ページランキング!

上場企業のポイントサイトがおすすめ!

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
1位
アクセスランキングを見る>>

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


免責事項

当ブログに掲載する情報については注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。