カテゴリ│WEB制作・SEO対策の記事一覧│お金が稼げるブログの作り方
FC2ブログ
Top Page > WEB制作・SEO対策

ブログを作っても稼げないのは検索エンジンの仕組みを理解していないから

ブログを作っても稼げないのは検索エンジンの仕組みを理解していないから
「ブログを作って稼ぐ」には、一生懸命記事を更新することが最も重要であると考えるブロガーは多いと思います。

確かに、記事を更新させて読者に向けた情報を豊富にしていく事は重要です。

しかし、沢山の記事を更新しているにも拘らず、一向に読者の目に留まることなく収益化が進まないブログは、ネット上に星の数ほどあります。

その理由は明確です。

検索上位表示がされていないからです。





Googleが決定する検索順位の仕組み


Googleが決定する検索順位の仕組み
世界中で利用される検索エンジンはGoogleが90%以上のシェア率を誇り、圧倒的な地位を確立していることが確認できます。

したがって、先ずは「検索順位を上げる=Googleに評価される」ことを念頭に置く必要があります。

では、Googleがどのようにして検索順位を決定しているかと言うと、共同創設者であり、CEOのラリー・ペイジは「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである」と言っています。

つまり、検索ユーザーに価値のあるコンテンツを上位表示させる事こそが、Googleの理念であり、この理念に沿って私達がキーワード検索した時の順位は決められているのです。

しかし、理念は示しているものの、明確な検索順位決定の基準は公表していないのが現状で、その為、WEB運営者はGoogleの検索品質ガイドラインを読み解きながら、検索上位表示に有効であろう取り組みを判断しているのが現状になります。

そして、どのようなサイトが高品質なのか、スパムなのか、低品質なサイトなのか、この事例を基にGoogleがユーザーからの検索クエリに対して、どんなコンテンツを検索結果に返そうとしているのかを予測して、その結果を引き出す取り組みをSEO(Search Engine Optimization)対策と呼んでいます。

検索品質評価ガイドラインには、200以上もの評価基準があると言われていますが、この項目に照らし合わせて、検索クエリに密接に関連していると判断されたページに順位付けして結果を表示しています。

因みに、検索エンジンがこれだけの材料を基に順位の判断をするまでには、キーワード検索してから0.5秒で作業が完了して検索結果が表示されるそうです。

例えば、「ブログ 作り方」で検索してみると、120,000,000件以上もの検索結果が約0.3秒で表示されます。

評価基準となる数百もの項目と検索キーワードの関連性を判断して、数十万件~数千万件にも及ぶWEBサイトを抽出し、更には順位を決めて一瞬にして表示しているわけですが、この検索システムの精度と性能は日増しに進化しています。

『圧倒的な力を持つGoogle(グーグル)の基本姿勢』


検索順位を決めるブログの要素とは


検索順位を決めるブログの要素とは
ブログの検索順位を決める要素は、大きく分類すると3つになります。


ブログが制作開始された古さ


私達人間には、歴史あるものほど信頼できると判断する傾向があります。

ブログを判断する上で、同様に検索エンジンも作られてからの年月が長く、歴史があるほどに評価が高くなる傾向があるのです。

古さの基準としては、ドメインの取得年月日などから判断されると言われています。


コンテンツの作り方


検索エンジンは、ブログのトップ画面や個別ページについて、主に以下のような項目を重要視すると言われています。

  • 情報の専門性と量

  • 記事内容のオリジナル性

  • キーワードの適切な配置


ページタイトルや記事全体に対して、わかりやすく適切なキーワードを配置しながら、正確且つ専門性の高いオリジナル記事の更新を繰り返すことで、Googleからの評価が高くなる傾向にあります。


リンクの数


ブログ内の関連記事をリンクで繋いだり、他の良質なサイトをリンクで紹介したり、逆に他のサイトからリンクによる紹介を受けたりすることで、検索エンジンから認識されやすくなります。

特に、外部リンク(被リンク)となる他サイトからの紹介は、検索上位表示に繋がる評価の対象となります。


集中するべきは戦略的なコンテンツの構成


集中するべきは戦略的なコンテンツの構成
検索順位を決める3つの要素の中でブロガーが最も集中するべきは、戦略的にコンテンツを作ることです。

コンテンツを作り込む事で、ブログには自然と歴史が刻まれていきますし、良質なコンテンツに仕上げることができれば、他のブロガーからも評価されて被リンクを集めやすくなります。

ブログの古さは時間の経過を待たなくてはいけませんし、被リンクは他の評価を待たなくてはいけません。

つまり、ブロガー自身で出来ることは、コンテンツを作ることになるわけです。

但し、闇雲に記事を更新すれば良いわけではなく、5つの項目を意識しながら戦略的にコンテンツ作成に取り組むことが求められます。


明確なキーワード選定


記事を作成していく上で、対策キーワードを明確に決めることが極めて重要になります。

選定方法の基本は、1記事に対して1キーワードの選定に絞り込むことで、Googleに対しても読者に対しても明確に示すことが大切になります。

記事のテーマに沿って、検索ボリュームやライバルサイトの状況も考慮しながら、関連性の深いキーワードを選定します。

あくまでも、記事テーマに対する内容の充実を基本としながら、自然な文章構成になるようにキーワードを含ませるようにします。


検索意図の分析


選定した対策キーワードで表示される検索結果から、ライバルブログのコンテンツ内容(文言・文章量・画像・レイアウトなど)を確認して、ユーザーが求める情報がどのように発信されているのかを分析することは重要です。

分析結果を基に、ユーザーの検索意図を個別記事へしっかりと落とし込むことで、ライバルに負けないオリジナルコンテンツの作成が可能になります。


正確且つ専門性の高い情報提供


ブログは信頼を高めることでブランディングが進み、検索上位表示や他の読者からの拡散も期待できるようになります。

コンテンツの信頼を高めていく上で第一に求められることは、公開する情報の正確さと専門性です。

正確且つ専門性の高い情報に対して、ブロガー自身の経験や考えを盛り込みながらオリジナリティを出すことで、ブログのブランド化が徐々に進んでいきます。


読者のストレスと不安の解消


コンテンツの快適な環境整備もブロガーにとっては重要な取り組みになります。

ブログの読みやすさや使いやすさを考慮して、検索ユーザーの利便性を高めていくには、以下のような取り組みが効果的と言えます。

  • 記事の読みやすさ

  • ブログ表示の速度改善(画像圧縮やファイルサイズ圧縮など)

  • ブログのスマホ対応

  • ナビゲーションの強化(パンくずリストやグローバルメニューの設置など)



認識を加速させる最適化


ブログは検索エンジンに認識されやすい構造にすることで、各ページがインデックスされやすくなり、Googleの早い評価が期待できます。

以下のような取り組みを施すことで、クローラビリティの高いコンテンツの提供が可能になり、効果的なブログのSEO対策により検索上位の可能性が高まります。

  • テキスト中心のコンテンツでブログを構成する

  • サイトマップを設置する

  • 内部リンクを最適化する



まとめ


IT業界は重鎮であるGoogleの独壇場と言っても過言ではありません。

この状態は、更に長らく続くことは間違いないでしょう。

したがって、Googleの検索システムの基本や評価されるWEB制作を学ぶことは、とても大切になります。

構造を理解した上での取り組みは効果を引き出しやすくなりますし、状況の変化にも柔軟に対応できるようになります。

今後のブログ運営とSEO対策に対して、大きな意味を持つことになります。

『Google(グーグル)と人間が判断する良質なコンテンツ』




以上、『ブログを作っても稼げないのは検索エンジンの仕組みを理解していないから』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


オリジナルのアイコンでブログの差別化をする簡単な方法とは

オリジナルのアイコンでブログの差別化をする簡単な方法とは
ブログはコンテンツの大半を個別の記事が占めていますので、読者にとって有益となる情報提供が最優先されます。

但し、文章ばかりを羅列するブログは、見た目で読み難さが感じられてしまい、せっかくの有益な情報も読者に受け入れてもらえないケースがあります。

その為、ブログのデザインを工夫したり、読者に受け入れやすいキャラクターを根付かせたりすることが効果的です。

オリジナルの絵やキャラクターを活用することで、他のライバルブログと差別化することができ、読者に認知してもらうことでブランディングを強化することにも繋がります。

そこでこちらでは、オリジナルのアイコンでブログの差別化をする簡単な方法を解説していきます。





ブログの差別化とは


ブログの差別化とは
ブログの差別化と言っても、その手法は色々あります。

ただ、大まかに分類するならば、以下の3つが差別化をアピールする代表的な手法と言えるでしょう。


オリジナルのコンテンツ


コンテンツの充実はブログ評価の最大要因になります。

その為、コンテンツの大半を占める記事は、他のサイトや書籍などから引用するのではなく、基本的にはオリジナルの内容で情報を公開することが求められます。

ターゲットとなる読者層が求める情報を想定して、欲求を満たせるオリジナルのコンテンツを構成することで評価され差別化に大きく影響します。

『質の高いコンテンツを作る4つの基本』


個性ある文章


テーマが同じ内容の記事であっても、文章の書き方で読者に与える影響は大きく変化します。

特に、ストーリー性の強い文章構成で読者を引き付けることができれば、リピーター増加にも繋がり、他のブログとの差別化を図ることができます。

『ブログ読者の購買意欲を喚起するストーリーの構築方法』


見た目のインパクト


ブログは適切に画像を入れるなどして、記事の内容以前に視覚に飛び込むインパクトを与えなければ読者を引き付けることができません。

また、文章だけではなくグラフやイメージ図で噛み砕いた説明をすることで、より読者から受け入れやすくなり差別化を図ることができます。

『初心者でも出来る読者が評価するブログデザインの作り方』


効率的に差別化するなら外注も必要


効率的に差別化するなら外注も必要
「自分で作った文章をWEB上に残したい」との考えがキッカケでブログを始めた人も少なからずいると思います。

「ブログを始める=文章を書く」ことは、多くの人が始める以前から認識していることです。

したがって、自分なりに記事作成に工夫を凝らすことは、それなりに無意識の中で出来ていることも多く、この時点である程度のブログ差別化に対する取り組みはできていることになります。

しかし、「見た目のインパクト」については、WEBデザインの知識が全くない状態で取り組むこともありますので、どうしても経験豊富なブロガーと比較して、仕上がりに差が生じてしまうことも少なくありません。

このような場合には、外注に頼ることも効率的な方法の1つと言えます。

差別化を図る為に、絵やキャラクターで読者の見た目にインパクトを与えることは重要ですが、デザインの質が伴わない場合、逆効果になってしまうこともあります。

例えば、あまりにも素人じみた画像やデザインだった場合には、記事を読む以前に殆どの読者が訪問したブログを離れてしまうと思います。

せっかくの取り組みも、効果を出せないどころか、ブログ離脱の原因になってしまうのであれば本末転倒です。

自分の技術を客観的に見て、ライバルに勝てない状況と判断するのであれば、外注を検討することも大切です。


安価にブログのオリジナルアイコンを外注する方法


安価にブログのオリジナルアイコンを外注する方法
ブログのオリジナルアイコンなどを外注する方法として、クラウドソーシングサービスやフリマアプリの利用があります。

中でも、おすすめはココナラの利用です。

ココナラは、「知識・経験・スキル」を売買できるWEB上のフリーマーケットで、ワンコイン(500円)から取引をすることができます。

色々ある取引ジャンルの中でも、WEBデザイン系の出品者はとても多く、かなり安価に高品質のブログアイコンを作成することも可能です。

『経験・知識・スキルをフリーマーケットへ出品』


アイコンの外注で見極めるポイント


アイコンの外注で見極めるポイント
ココナラでは、取引完了後に出品者と購入者の双方が評価しあうシステムがあります。

したがって、先ずは、評価の良い出品者の選択は前提になります。

その上で、外注先を見極める以下3つのポイントを確認するようにしましょう。


  • サービスの内容(品質の説明、納期、注意事項など)

  • 出品者のプロフィール(実績、強みなど)

  • 出品者のSNS(twitterと連携している場合)



まとめ


ブログの差別化におけるオリジナルアイコンの重要性について解説し、お得な外注方法としてココナラを紹介しましたが、デザイン系以外にも、ブログ記事作成やSEO対策など、様々なサービスも利用することができます。

無料登録で簡単に始めることができますので、是非、サイト内を確認してみて下さい。

無料会員登録してくわしくみる






以上、『オリジナルのアイコンでブログの差別化をする簡単な方法とは』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


ブログを始めたらやるべき4つの作業|収益化までの道のりを解説

ブログを始めたらやるべき4つの作業|収益化までの道のりを解説
ブログを始める目的は人それぞれですが、「お金を稼ぐことが目的」このような方も少なくないと思います。

しかし、当然ながらブログを開設してすぐに収益化できるわけではありません。

この基本がわかっているようでも、ブログで稼ぐことばかりに気を取られて、本来やるべきことから逸脱して失敗しているブロガーも多くいます。

こちらでは、収益化を目的としたブログ運営でやるべき4つの作業について詳しく解説していきます。





読者との需給関係を守ることがブログ運営の基本


読者との需給関係を守ることがブログ運営の基本
ブログ運営者の最終目的がお金であったとしても、情報を公開する読者がブログを訪問する目的は当然ながら違います。

読者は悩み・疑問・確認など、何らかの欲求を満たすためにブログを訪問します。

したがって、私達は情報提供者として「読者が欲するものが何か?」を理解して、お金を稼ぐ以前に読者の満足を考える必要があります。

お金を稼ぐツールとしてブログを利用する人は多くいますが、その理由は読者の欲求を満たすことで公開する情報に信頼や親近感が生まれ、収益にも繋がる方向への説得がしやすくなるからです。

前提として、ブログ運営者と読者との需給関係は情報で成り立つことを忘れてはいけません。


やるべきことは評価されるブログの構築


やるべきことは評価されるブログの構築
前項の通り、最終的な評価はブログを読んでくれる読者になるわけですが、それ以前にGoogleからの評価を得られなければ収益化に効果的な検索結果を得ることができません。

ブログは、特定のキーワードで検索結果の1ページ目、つまり、10位以内に表示されなければ効果的な集客が見込めず、収益化を達成することが困難になってしまいます。

したがって、SEO対策を考慮したブログ構築が求められます。

「SEO対策」と聞いて、専門的な難しい取り組みをイメージする方もいると思いますが、現在、最も有効とされるSEOは「コンテンツの充実」です。

では、ブログがどのような構成でコンテンツが作られるかと言うと、大半は個別に作成される記事になります。

つまり、内容の充実した記事の更新を繰り返すことが、コンテンツを充実させる基本的な取り組みになるのです。

確かに、その他にもSEOの方法は色々あります。

しかし、コンテンツの充実なくして、小手先のSEO対策を施しても適切な効果は期待できません。

基本的には読者の欲求を満たす記事を念頭にした執筆で大丈夫ですが、SEOの観点から、そこへ関連性の深いキーワードを意識して挿入する作業が追加されます。

そうすれば、Googleと読者の双方から評価される可能性が高まります。

『Google(グーグル)と人間が判断する良質なコンテンツ』


ブログを始めたらやるべき4つの作業


ブログを始めたらやるべき4つの作業
ここまでの基本を踏まえた上で、ブログを始めたらやるべき4つの作業を箇条書きにしてみましょう。

  • コンセプトに沿って書きたい記事のカテゴリを分類

  • カテゴリ毎の記事テーマを決める

  • 記事テーマに関連性の深いキーワードを選定

  • 読者目線を優先してキーワードを挿入した記事作成


基本的にはブログ構築の大半が上記の作業の繰り返しになります。

ブログは、計画性無しに闇雲に記事を作成しても収益化はできませんが、逆に、「文章作成を学んでから」「SEO対策を学んでから」と、ノウハウコレクターなってしまっっても、これから進むべきハードルが上がるばかりで、収益化が一向に近づいてこないこともよくある傾向と言えます。

やるべき大枠がある程度理解出来たら、先ずは、実践でブログ構築を前に進めてみましょう。

やはり、人それぞれ個人差もありますので、実践から見えてくる反省や工夫なども色々見えてくるはずです。

『稼げるブログは売り込む記事より役立つ記事が断然多い』

『お金が稼げるブログは作り始めが成功のポイント!』


収益化の仕組みは後付けでも大丈夫


収益化の仕組みは後付けでも大丈夫
ブログ収益化の仕組みを作る以前に、ある程度は記事作成に慣れることを優先した方が、特に初心者にはおすすめと言えます。

記事作成と並行して収益化を意識すると、文章が不自然になってしまったり、セール色の強い読者に敬遠される記事になってしまったりするからです。

目安としては、最低でも10記事以上はしっかりと作り込んだ方が良いと思いますし、50記事や100記事を作り込んでから収益化に取り組んでも何ら問題はありません。

そもそも、ブログはGoogleに認識されるようになるまで、数週間から数か月の時間が必要になります。

この間は、検索流入で読者を集める事は困難ですから、特に収益化を焦ることなく記事作成に没頭した方が得策と言えます。

ブログの収益化の為にやるべきことは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)へ登録して、これまでに作成した記事へ広告を貼るだけです。

ASPは、それぞれに特徴があり扱う広告も異なります。

したがって、複数へ登録しておくことがベストな体制と言えます。

特に、アフィリエイターからの評価が高いおすすめの大手ASP3社は、登録必須と言っても過言ではありません。



『アフィリエイト初心者におすすめのASP|登録必須の5社を比較』

記事への広告貼り付けは、バナーとテキストの2種類を選択できます。

アフィリエイトの成果を出すには、以下4つに十分に注意しましょう。

  • 広告を貼り過ぎない

  • 記事内の文章の邪魔をしない

  • 関連性のない広告は掲載しない

  • 基本的に1ページ1広告に絞る


読者はブログの広告を見に来ているわけではありませんので、当然ながら、全ての記事へ広告を掲載する必要はありません。

必要と思われる記事へ自然な形で掲載していきましょう。

『稼げるアフィリエイト広告の貼り方』


まとめ


ブログは読者に受け入れられる記事の更新を継続して適切に広告を掲載していれば、必ず収益化が出来るようになります。

ノウハウの習得と収益化構築の作業は楽ではありませんが、軌道に乗り始めるとサラリーマンなどと比較して、簡単にお金を手にすることができますし、更にビジネス拡大の意欲も湧いてきます。

是非、当記事を参考にブログの収益化にチャレンジしてみて下さい。





以上、『ブログを始めたらやるべき4つの作業|収益化までの道のりを解説』を紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ



今月の管理人おすすめ

かんたんブックマーク

アフィリエイト初心者登録必須のASP

最新記事

注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

今月の人気ページランキング!

上場企業のポイントサイトがおすすめ!

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
2位
アクセスランキングを見る>>

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


免責事項

当ブログに掲載する情報については注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。