2015年07月の記事一覧│お金が稼げるブログの作り方
Top Page > 2015年07月

ブログでホームページ風のサイトを作る方法

トップ画面に情報量満載のレイアウト構成


写真


私達が馴染みのあるWEBサイトの種類として、ホームページブログの2つがあります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、活用の仕方によって十分な効果が発揮できる場合とそうではない場合もあり、一概に良し悪しは決められないのですが、ビジネス系で活用するのであれば、やはりホームページの方が効果を発揮する力が上回ると言えそうです。

しかし、個人でクオリティーの高いホームページを作成するとなると、それなりのWEB知識が必要となりますし、作成や管理などを外注するとなるとかなりの費用が掛かる事となります。

一方、ブログ運営でビジネス系サイトを作成するとなると、記事の作成などは簡単にできるので、コンテンツの更新や蓄積は初心者でも比較的簡単にできるのですが、投稿した記事がトップ画面に表示される為、サイト全体のナビゲーションや効果的な宣伝などを情報提供するには限界があります。


ご覧になって気付いた方もいると思いますが、当サイトはブログを活用しているのにトップ画面には投稿した記事が一切表示されないような設定を施しています。

ブログをホームページ風にカスタマイズしたからと言って、100%同様のメリットが得られるわけではありませんが、通常設定のブログよりは色々な効果を期待できます。

トップ画面の固定で、より詳細なサイトナビゲーションが可能
トップ画面へ有効なキーワードを固定させることでSEO対策ができる
ホームページ作成よりもコストを抑えられる
ホームページ作成よりも簡単にサイト構築できる
トップ画面の固定で読者へ与えるインパクトを強化できる

以上のような効果が期待できるわけですが、中でも「トップ画面の固定で、より詳細なサイトナビゲーションが可能」は大きなメリットと言えます。
トップ画面に多くの情報を提示し、読者がサイト内を回遊しやすいように誘導することは、新規読者をリピーターへと変化させる為の大きな武器となるのです。




トップ画面で記事を表示させないHTML編集


HTMLを編集することによって、記事をトップ画面へ表示させないような設定にできます。

HTML編集画面には「エントリー(記事)」や「エントリーここから」のような表示があると思います。
そこへ下図のように赤字の編集を加えることによって、トップ画面へ記事が表示されなくなります。
HTML編集1


赤字の「<!--not_index_area-->」から「<!--/not_index_area-->」まではトップ画面へ表示されない事を示しますので、逆に「<!--index_area-->」から「<!--/index_area-->」を使うと、記事以外の文章やリンクなどをトップ画面へ固定することができます。
HTML編集2


当ブログで言えば、記事部分は上図の赤字の部分内にありますのでトップ画面には表示されず、ブログ紹介文やSTEP-1からSTEP-6までのナビゲーションが黒枠内にありますので、トップ画面へ固定表示されている設定になっているのです。




以上、『ブログでホームページ風のサイトを作る方法』を紹介しました。

それほど難しい作業ではありませんが、やはり基本的なHTMLの知識は習得しておいた方が、今後よりクオリティーの高いブログ構築をしていく上で良いのではないかと思います。

少しずつでもWEB知識を高め、他のブログと差別化を図るように心掛けましょう。


※関連記事
『知って得するHTML・CSSの基礎知識』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

無料メルマガ登録

今月の管理人おすすめ

最新記事

広告が表示されるだけで報酬GET

今月の人気ページランキング!

スポンサードリンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
2位
アクセスランキングを見る>>

初心者でも即日開業できるネットショップ

お金が貯まる節約術と財テク術

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


免責事項

当ブログに掲載する情報については注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。