2015年11月の記事一覧│お金が稼げるブログの作り方
Top Page > 2015年11月

検索順位が上位表示される為の基本的なSEO対策

SEO対策は何を基準に取り組むのか


写真


私達は運営するブログなどのWEBサイトを、多くのネットユーザーに知ってもらう為に、WEB検索した際のサイト順位を上げる必要があります。

サイトと関連性が深い特定のキーワードで検索した時に、できるだけ上位表示されるようにSEO対策は必要不可欠なわけですが、そもそもSEOとは何に対し対策を講じているのでしょうか?


それはIT業界の重鎮で、WEB上の圧倒的支配力を誇るGoogle(グーグル)に対して対策を講じているわけです。

※関連記事⇒『圧倒的な力を持つGoogle(グーグル)の基本姿勢』


したがって、Googleのアルゴリズムに何らかの変化が及ぶたびに、私達のSEO対策も取り組み方を変えなければならない可能性があり、常にGoogleの顔色を窺いながらサイト運営をしていく必要があります。

有効なSEO対策は、Googleと共に時代と共にこれからも変化していくのです。





Google(グーグル)の基本姿勢を把握しユーザーの満足度を高める


Googleの評価(ランキング)によって、運営するサイトの検索順位が決まってしまう以上、Googleと言う企業の基本的な考え方や検索エンジンがどのようなWEBサイトを好むのかは、大まかにでも把握しておくことは大切だと思います。

但し、検索で上位表示されても、WEBサイトで掲載する情報が充実していなければ意味がありません。

折角、ネットユーザーの目に留まり閲覧してもらったのに、欲しい情報が載っていなければ、ユーザーは即刻良質な情報源を求めて別サイトへと移動してしまうでしょう。

したがって、有益で魅力的な記事を数多く作成し、良質なコンテンツを蓄積することは、サイト運営の大前提となります。

と言うよりは、良質なコンテンツの蓄積こそがロングテールSEOの効果を引出す、最も有効な手段と言っても過言ではないのです。

※関連記事⇒『質の高いコンテンツがSEOに与える影響』





検索エンジンに理解してもらい易くなるWEBサイト


Googleが禁止していることやグレーで裏技的なSEOの取り組みは、後々大きなペナルティーを科せられる可能性がありますから、当然ながら全て正攻法で取り組むべきです。

その上で、検索エンジンから出来るだけ早くサイト認識してもらい、検索順位を上位表示してもらう為には、運営サイトの情報を検索エンジンにできるだけ解りやすく示す必要があります。

基本的な取り組み方法としては、以下のようなものが挙げられます。


タイトルの最適化
サイト自体のタイトルや、個別記事のタイトルにはターゲットとなるキーワードを適切にタグへ書き込むことが効果的です。


サイト内ページをリンクで繋ぐ
検索エンジンはリンクを辿ってページをインデックスしていきます。
サイト内のページ同士がリンクで繋がっていない場合には、インデックスされていないケースもありますので、有効な取り組みと言えます。


パンくずリストの設置
パンくずリストの設置は、ネットユーザーにサイトの構造を理解してもらうだけでなく、クローラーにも構造を理解してもらう効果があります。


ページ作成は最適なHTMLソースで
ページの表示速度を早める為にも、できるだけ無駄のないHTMLソースで軽く作成することは検索エンジンにも好まれます。


スマートフォンに対応したサイト構築
Googleでは2015年2月から、検索順位を決める指標としてスマートフォン用にページを表示できるか否かが組み込まれています。
今後はスマホからのアクセスが更に増加することを考えれば、必要な取り組みと言えるでしょう。




以上、『検索順位が上位表示される為の基本的なSEO対策』を紹介しました。

※関連記事⇒『Google(グーグル)と人間が判断する良質なコンテンツ』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事

メルマガアフィリで毎月100万円稼げるリストの数

メルマガはアフィリエイトで稼ぐ有力な手段


写真


アフィリエイトで稼ぐにはブログやホームページの活用、ツイッターなどSNSの活用、メールマガジンの活用など、色々な手法があります。

多くのアフィリエイターは、この幾つかの手法を単体で取り組むのではなく、幾通りかの手法をリンクさせ、媒体への集客に相乗効果が生まれるように効率化を図っています。


例えば、「ブログ・ホームページで多くのネットユーザーへ詳細な情報発信ができる良質の記事を作成し、ツイッターなどのSNSとリンクさせブログ・ホームページの存在を拡散させ、更に価値観の高い情報を個別ユーザーへ配信できるメールマガジンの開設をする」このよう使い方で、ユーザーが円滑に循環され、最終的には利益へと繋がる連携を強化することができます。


それぞれに特徴があり、役割があり、効果も違うわけですが、最もアフィリエイトの成果に直結する確率が高いツールを挙げるとすれば、それはメールマガジンでしょう。


なぜなら、メールマガジンはネットユーザーの方から希望し登録しますので、その時点で強力な見込み客となるわけですが、その強力な見込み客へこの先直接メールを届けることができるのですから、他のツールに比べれば格段に成果に繋がる確率が高くなるのです。


勿論、あくまでも「対象ユーザーの数が同じであった場合の成果の確率」と言うことですから、「一番稼げる」と言う意味合いとは異なります。


しかしながら、メルマガの対象ユーザーは登録した読者になるわけですが、このメルマガ読者を数万名集められたら確実に毎月数百万円程度の収入は稼げるはずです。


メルマガ読者のメールアドレスをネットビジネス業界ではリストと言います。


メルマガはアフィリエイトで稼ぐ最も有力な手段で、成果の確率が極めて高いわけですが、その売上の拡大はリストの数に比例するのです。





良いリストと悪いリストの違い


ネットビジネス業界では、リストを集める為に色々な手法が使われています。

無料レポートスタンドを利用して、協賛で多くのリスト収集することも、よく使われる手法の一つです。

中には、詐欺紛いの手法でリストを集め、ユーザーが希望するものとは完全に異なる迷惑メールが多数送られてくることもあります。


但し、このような手法で集めたリストは、見込み客となる可能性が低く、メルマガがアフィリエイトで発揮する本来のメリットを生かすことができません。

つまり、極めて粗悪なリストと言わざるを得ないのです。


良いリストを集める為には、ブログ・ホームページ・ツイッターなどで、メルマガの魅力や特典をしっかり伝え、しっかり趣旨に沿った読者層を集めることがとても大切になります。


顔の見えないネット上でのやり取りではありますが、人と人との繋がりである事には変わりありません。

誠実でネットユーザーが納得できる繋がりを築ければ、末永く良い取引ができるはずです。





稼ぐ為に必要なリストの数


良質のリストを蓄積していけば、必ずメルマガアフィリエイトは成果が出せるようになります。

では、どのくらいのリストを集めれば、それなりの金額を稼げるのか?

収集したリストの全てが、永遠と成果に繋がるわけではありません。
やはり、古いリストは見込みとしての価値が下がっていきますので、新規のリスト収集力が重要となります。

例えば、毎月数百万円規模で稼ぐトップアフィリエイターは、1日当たり100件~300件程度のリスト収集を可能にしているようです。


ネットビジネス初心者が色々なツールとリンクさせ、メルマガアフィリの仕組みを構築していく場合に、先ずは1日5件~10件程度のリスト収集ができるようになったら上出来でしょう。

1か月で150件~300件のリストを集めることになりますから、個人差はありますが月10万円前後は稼げるのではないかと思います。


一つの目安として1日30件以上のリスト収集が可能になれば、毎月100万円の収入が極めて近い状況になるのではないかと思います。




以上、『メルマガアフィリで毎月100万円稼げるリストの数』を紹介しました。

※関連記事
『メール開封率が飛躍的に上がる4つの方法』
『メールマーケティングの難関を越える7つのポイント』
『ステップメールが使えるメルマガスタンドを比較』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ アフィリエイトの稼ぎ方まとめ


関連記事

注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

無料メルマガ登録

今月の管理人おすすめ

最新記事

広告が表示されるだけで報酬GET

今月の人気ページランキング!

スポンサードリンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
1位
アクセスランキングを見る>>

初心者でも即日開業できるネットショップ

お金が貯まる節約術と財テク術

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


免責事項

当ブログに掲載する情報については注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。