海外向けネットショップを運営する方法│お金が稼げるブログの作り方
Top Page > ネットビジネスの稼ぎ方 > 海外向けネットショップを運営する方法

海外向けネットショップを運営する方法

初心者でも海外向けネットショップで稼げるのか?


写真


『即日開業できるネットショップの簡単な作り方』では、カートシステム付きネットショップのサービスを提供しているカラーミーショップと言うサイトを紹介しました。

GMOペパボ株式会社がカラーミーショップの管理をしている企業なのですが、日本国内向けのショッピングカートサービスでは最大級となります。

実は、GMOペパボ株式会社では日本国内向けだけではなく、英語圏の海外向けショッピングカートサービスの提供も行っています。

それが、カラーミーショップの姉妹品であるJUGEM CART(ジュゲムカート)と言うサイトです。

しかし、これからネットショップ運営を始めようとしている初心者の方が、いきなり海外販売を目指すのはハードルが高いような気がするでしょうし、そもそもどのようなメリットがあるな疑問もあるのではないでしょうか?




海外向けネットショップ運営のメリット


海外向けネットショップ運営の大きなメリットと言えるものが3つあります。


1、販路が拡大される
当然ながら限定されていた国内販売のみの販路からは大きく拡大され、世界中にお客様を求めることが可能になります。
基本的には英語圏の国々が対象となるわけですが、世界中の80カ国が英語圏と言われていますので、莫大なマーケットがあなたのネットショップの対象となるわけです。



2、海外販売を低コストで実現
これは、海外向けの特徴と言うよりはショッピングカートサービスを利用した際のメリットとも言えますが、実店舗で海外の各国へ向けてビジネスを展開するわけではありませんから、より多くの商品を低コストで海外へ向けて販売することが可能になります。



3、低い競合性でビジネスができる
日本の流通商品を海外へ向けて販売しているショップは、全体的な割合から見ればまだまだ少数です。
したがって、低い競合性の中で成熟期を迎える前に成功を収めれば、今後増えるであろう競合他社よりも有利なポジションが得られますし、より大きな収益化を実現できるかもしれません。
また、日本国内では見慣れた商品でも、海外では希少性が高い可能性もありますので、仕入れに苦労せず楽に稼ぐことができるかもしれないのです。




JUGEM CART(ジュゲムカート)の特徴


JUGEM CART(ジュゲムカート)は英語圏内の海外へ商品発送を前提としたショッピングカートシステムですから、当然、作成されるネットショップは英語でなくていけません。

JUGEM CARTを使えばこのようなサイト作成の作業が簡単にできるわけですが、ここまでは従来の他社サービスでも同じようなレベルでした。

JUGEM CARTと他社サイトの違いは、ネットショップは英語で作成され、管理画面は日本語で確認できる点です。

また、カラーミーショップとの姉妹品ということもあり、システムが非常に似ていますし、国内・海外のネットショップを運営する時にJUGEM CARTカラーミーショップの在庫数を共有する機能も設けられています。

JUGEM CARTカラーミーショップの運営で、初心者でもあっても国内外に向けて販売網を拡大し大きな収益を上げる可能性も十分にあるのです。




以上を、『海外向けネットショップを運営する方法』を紹介しました。

先ずは、それぞれの運営サイトを確認してみて下さい。


JUGEM CART - 海外に販売できるネットショップを無料で開業




ショッピングカートASP業界でNo.1の店舗数 カラーミーショップ





閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ ネットビジネスの稼ぎ方まとめ


関連記事




トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

無料メルマガ登録

今月の管理人おすすめ

最新記事

広告が表示されるだけで報酬GET

今月の人気ページランキング!

スポンサードリンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
2位
アクセスランキングを見る>>

初心者でも即日開業できるネットショップ

お金が貯まる節約術と財テク術

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


免責事項

当ブログに掲載する情報については注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。