アクセスを増やす為の最適な記事数とは│お金が稼げるブログの作り方
Top Page > WEB制作・SEO対策 > アクセスを増やす為の最適な記事数とは

アクセスを増やす為の最適な記事数とは

なぜ記事増量が必要なのか?


写真


ブログなどのWEBサイトを運営し、読者の増加やアフィリエイトなどビジネスの成功を収めるには、やはりそれなりの記事を蓄積し、内容の濃いサイトにしなければいけません。

なぜ、記事数の蓄積が必要かと言うと、大きな理由は2つです。

先ず、多くの読者はある分野において、専門性が高く情報量が豊富な運営サイトを探しています。
したがって、このような条件を満たすには、自ずと有益な情報提供ができる記事を蓄積することが必要となります。

もう一つは、ロングテールのワードを拾う為に、単独、或は幾つかの組み合わせで検索に引っかかるような十分なキーワード量が必要となるので、その条件を満たせるテキスト量を確保する為の記事増量が重要になるわけです。

このような取り組みは、コンテンツの質を高めリピーターとなる読者を集められますし、検索上位表示が期待できるので新たなサイト訪問者を多く集めることが期待できます。

つまり人気サイト・人気ブログとして認められるようなアクセス増加が期待できるわけです。


では、具体的にどのくらいの記事数が必要となるのか?


実際には記事数だけでなく、いくつかの条件がクリアされてアクセス数の増加に繋がりますから、確実に成果が出るラインと言うものはありませんが、大体の目安として、安定したアクセス数を確保する為には300記事以上は作成した方が無難だと思います。

勿論、それ以下の記事数でも全く成果が出ないわけではありません。それでも、やはり速やかに最低100記事以上は蓄積を完了させるべきでしょう。

※関連記事⇒『ブログの最適な記事数とは』

記事作成に不慣れな段階では、伝えたい情報をまとめ、できるだけ内容の充実した記事を数多く作成することを心掛けて没頭できれば問題ありません。

徐々に記事作成にも慣れてきたら、集客したい読者が好むキーワードやサイトのコンセプトにマッチするキーワードを考慮し、記事テーマや本文に組み込みながら作成することが理想的です。

また、SEO対策だけでなくリピーターとなる読者を集める為にも、サイト内の情報量は満載にしておいた方が効果的です。

このように、あらゆる面から見ても記事増量は必要な作業と言えるのです。





記事を増やしてもアクセスはすぐに増えない


アクセス数を増やす為に多くの記事を作成することは必要ですが、記事数を増やしたからと言ってすぐにその成果が出るとは限りません。

むしろ、記事を増やした数週間後から成果が出始めることの方が多く、すぐに成果に繋がるのは稀と言っても良いほどです。

これは、検索エンジンンに認識されるようになるまでに時間が掛かったり、読者の評価を集める為に時間が掛かったりするからです。

但し、それなりに数百以上の記事数を蓄積したにも拘らず、数週間経っても、数か月経ってもアクセス数に変化がない、或は逆に減っているような場合は、WEBサイトに何らかの問題が発生していることも考えられます。

記事内容が薄すぎる
ページがインデックスされていない
何らかのペナルティーを受けている

※関連記事⇒『ブログが検索結果に表示されない時の対応方法』

先ずは、運営サイトの状態をしっかり確認し、良質の記事作成に集中するように心掛けましょう。




以上、『アクセスを増やす為の最適な記事数とは』を紹介しました。

ブログなどのWEBサイトでビジネスをするには、基本的なSEOに対する知識とコピーライティングのスキルは必要不可欠です。

多くのアクセスを集める為には、やはり日々努力が必要となります。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ WEB制作・SEO対策のまとめ


関連記事




トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

無料メルマガ登録

今月の管理人おすすめ

最新記事

広告が表示されるだけで報酬GET

今月の人気ページランキング!

スポンサードリンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
2位
アクセスランキングを見る>>

初心者でも即日開業できるネットショップ

お金が貯まる節約術と財テク術

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


免責事項

当ブログに掲載する情報については注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。