メルマガの効果的な稼ぎ方│お金が稼げるブログの作り方
Top Page > ネットビジネスの稼ぎ方 > メルマガの効果的な稼ぎ方

メルマガの効果的な稼ぎ方

メルマガ単体で稼ぐことは困難


写真


ネットを利用して稼ぐ方法の中で、インターネット普及当初より存在するのがメールマガジンを使った稼ぎ方です。

何らかのメルマガを購読している人も多いと思いますし、中には自身でメルマガを発行した経験を持つ人もいると思います。

このように私達にとって知名度が高く馴染みのあるメルマガですが、いざメルマガで稼ぐ側になってみると、その手法は色々ありますし、誰でも簡単に稼げると言うわけでもありません。


先ず、メールマガジンそのものが直接の収入源となる稼ぎ方は限られてきます。

有料メルマガを配信し購読料で稼ぐ方法や、配信するメルマガへ広告を掲載して広告料で稼ぐ方法などがそれに当たります。

このようなメルマガ単体でそれなりの収益化を目指すには、最低でも5000人以上の読者が必要と言われています。

芸能人などの著名な人であれば、有料メルマガであっても5000人以上の読者を募ることは十分に可能かもれませんが、初心者の方には到底無理なことですし、仮に無料メルマガであっても5000人に達するまでには相当な時間が掛かると思います。


ネットビジネスの初心者がメルマガを活用する場合には、メルマガ単体ではなく他の商材や他のネットで稼ぐ手法と組み合わせて活用することが無難ですし、効果を発揮できる可能性が高まります。





メルマガで収入を得るには


初心者にとって有料メルマガや広告掲載料で稼ぐ事は高いハードルとなりますが、勿論メルマガで稼ぐ方法は他にもあります。
中でも代表的な2つを紹介しましょう。




メルマガアフィリエイトで稼ぐ


この方法が一番ポピュラーな稼ぎ方でしょう。物販アフィリエイトや情報商材アフィリエイトをメルマガを使って紹介していく方法です。単純にブログやサイトへ訪問してくるユーザーとは違い、メルマガの内容自体に興味を示して登録を希望するユーザーですから、アフィリエイトで稼げる確率は高くなります。




販売収入で稼ぐ


これは自作の商品を直接販売する方法です。
商品は手作りの物品から情報商材に至るまで様々ですが、収入を得るまでの流れとしては商品をオークションへ出品して、それをメルマガ読者へ紹介すると言う手法が最も多いようです。





ブログやツイッターとの連動が効果的


既にブログである程度のアクセス数や、リピータとなる読者を多く抱えている人は、自身のブログでメルマガ発行を紹介することにより、メルマガ読者の確保もスムーズに進みます。
また、ツイッターも同様でフォロワー数が多い人は、自身のツイッターからメルマガ登録へ誘導すると効果的です。





情報系商材の販売はステップメールが効果的


情報系の商材を販売或いはアフィリエイトするには、ステップメールが効果的です。
ステップメールは事前に回数分のメール記事を作成しておき、それをユーザーが登録からの日数に応じて順次配信していきます。
ステップに応じて、購買意欲を喚起させる内容にしたり、回数を限定することで最終配信が近づくに連れて購買意欲を喚起させる効果もあります。

物販或いは物販アフィリエイトの場合は、商品をネットで色々調べたりできるので、メルマガ以外のところから情報収集できますが、情報商材の場合は買ってみないと解らない内容が多いので、徐々に喚起させる、この手法が有効になってくるのです。




以上、『メルマガの効果的な稼ぎ方』を紹介しました。

以下、おすすめの無料メルマガスタンドを2つ紹介しておきます。

まぐまぐ

メールバンク

ステップメール機能を活用し、本格的にメルマガで稼いでみたい方は、『ステップメールが使えるメルマガスタンドを比較』をご確認下さい。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。




NEXT ▶ ネットビジネスの稼ぎ方まとめ


関連記事




トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


注目度No1本格的に稼げるポイントサイト

無料メルマガ登録

今月の管理人おすすめ

最新記事

広告が表示されるだけで報酬GET

今月の人気ページランキング!

スポンサードリンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
1位
アクセスランキングを見る>>

初心者でも即日開業できるネットショップ

お金が貯まる節約術と財テク術

ご質問・お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


免責事項

当ブログに掲載する情報については注意を払っていますが、その内容の正確さについて保証するものではありません。 当ブログの使用または閲覧によって生じたいかなる損害も、一切の責任を負いかねますことを予めご了承下さい。